仮想通貨とビットコインとブロックチェーンの違いを解説



最近、テレビでも仮想通貨特集などをやっているけど“しくみ”がさっぱりわからない人は多いと思います。

そこで仮想通貨に関するよく出てくる3つのワード「仮想通貨」「ビットコイン」「ブロックチェーン」についてわかりやすく解説します。

仮想通貨はネット上の数字にお金の価値を持たせたもの

仮想通貨の「仮想」という言葉のイメージは未来的でもありますが、一方マイナスイメージもあります。仮想通貨取引所の通貨流出事件によってさらに悪くなりました。

実は「仮想通貨」という名前は国際的には「暗号通貨(あんごうつうか)」と呼ばれています。

インターネットの数字にお金の価値を持たせたものなので100円玉や1万円札のようなカタチがありません。

なので「仮想」と呼ばれています。

目に見えないものは信用できないという意見が多いのも事実ですが、多くの人が仮想通貨に価値があると思えば価値が付きます。

万が一仮想通貨がなくなっってしまったら保証は誰がするの?という疑問もありますが、仮想通貨は国や中央銀行に縛られないという発想から生まれたものなので全ては自己責任によるものです。

ビットコインは仮想通貨の1種類

ビットコインは仮想通貨の1種類です。ということは他にもたくさんの仮想通貨があるということです。

よく仮想通貨はビットコインしかないと思っている人もいますが、それは間違いです。

ビットコインはたくさんある仮想通貨の中でも最も持っている人が多い仮想通貨なので、一番有名になっています。

ビットコインは誰が作っているのか?

一番気になるのはビットコインって誰がつくっているんだろう?という素朴な疑問です。

日本円は日本銀行が印刷して発行しています。

ビットコインは誰が作っているのか?というと誰も作っていません!

イメージとしては金(Gold)を採掘している感じです。

ビットコインの場合はマイナー(採掘者)といってビットコインを発掘する仕事をしている人がいます。

具体的には複雑な計算式を一番早く解いた人が自動的に貰える仕組みになっています。

ブロックチェーンは仮想通貨が成り立つための技術

ブロック状の箱がチェーンによって繋がれている上図こそブロックチェーンです。

ブロックチェーンとは仮想通貨が存在するためには無くてはならない技術の1つで、管理者が不要なのに“通貨”として成り立っているのはこの技術があるからです。

ブロックチェーンという技術が仮想通貨の何に役立っているのか?というとお金のやり取りをみんなの見えるところで確認できるため、不正が起こらないしくみになっていることです。

ブロックチェーンが「分散型台帳技術」と言われるのはこの理由です。

例えば通常AさんがBさんに銀行口座にお金を送金(振込)したい時、仲介者は銀行です。銀行が「AさんからBさんに確かに振込したよ、OK!」という承認をしてくれます。

一方、仮想通貨には銀行のような仲介業者がいないのでAさんからBさんにお金を送金したいときは困ります。確かにお金のやり取りが行われたことを証明してもらう必要が出てきます。証明してくれる人がいないと途中で誰かに盗まれた時に困るからです。

しかし、このブロックチェーンという技術が解決してくれます。

ビットコインの場合、10分間隔で取引のやり取りが承認されていきます。承認してくれるのはマイナーと呼ばれるビットコインを発掘している人達で、イメージ的には他人のお金のやり取りが合っているかどうかを計算してくれる人達です。

彼らが不特定多数の人によって行われている送金などのお金のやり取りを10分間隔で「AさんからBさんに送金、OK!」「CさんとBさんの間で売買、OK!」のような感じで承認してくれています。

ただ、マイナーたちは銀行のように不正取引時の保証や誤送金の取消など「責任」は取ってくれません。

まとめ

仮想通貨・・・ネット上の数字にお金の価値を持たせた“通貨”

ビットコイン・・・仮想通貨の1種類

ブロックチェーン・・・仮想通貨が成り立つための技術

コメントを残す