仮想通貨のブロックチェーン超わかりやすく図解解説!



最近、新聞や雑誌などでよく見かける「ブロックチェーン」というワード。

「フィンテック」や「仮想通貨」「ビットコイン」など、全く付いていけていな人はかなり多いのではないでしょうか。

そこでブロックチェーンとはズバリ何なのか?超初心者のためにわかりやすく仕組みを図解したいと思います。

ブロックチェーンは仮想通貨が成り立つための技術

仮想通貨にもたくさんの種類がありますが、ブロックチェーンとは仮想通貨であるビットコインが成り立つために不可欠な技術のことです。

ビットコインの取引が本当に正しい額であるかどうかを確認する必要があります。

通常私たちが銀行で振込をする際に相手の口座にちゃんと振り込まれているかどうかを確認しているのは銀行ですが、ビットコインは銀行のような中央管理組織が存在しません。

ブロックチェーンの技術によって中央管理組織が無くてもお金のやり取りが成立する仕組みになっています。

ブロックチェーンの技術がなければビットコインは成立しなかったとも言えます。

ブロックチェーンで何が行われているのか?

では、具体的にブロックチェーンによって何が行われているのか?というと、「ブロックチェーン=分散型台帳」と呼ばれるようにビットコインの取引情報が合っているか承認作業が行われています。

マイナーと呼ばれる人達が複雑な計算式をコンピューターで解き、一番早く正解を出した人がビットコインを貰える仕組みになっています。

なぜブロックチェーンが画期的な技術だと言われるのか?

ブロックチェーンのしくみは分かったけど、なぜそれがすごいのか?について説明すると、この技術のおかげで銀行などの仲介業者を通すことなくお金を送金したりできるからです。

普通の人は海外送金などを利用することが少ないため、あまりピンと来ないかもしれませんが、今までは海外に送金しようと思っても、複数の銀行を経由するなどによって時間と手数料がかかり使いにくいサービスでした。

しかし、ブロックチェーンによってビットコインが「お金」として成立したことにより、24時間365日国内外問わず、ダイレクトにビットコインを送金することが可能になりました。

ちなみにこのようにブロックチェーンのような技術を利用して金融サービスを向上させるムーブメントのことを「フィンテック」と言います。

管理者不在なのに不正取引が行われない理由

銀行のような中央管理組織が存在しないのにも関わらず、なぜ不正な取引が行われないのか?というと、10分ごとに行われるブロックチェーンによる取引内容が公開されているからです。

みんなが監視していれば不正をしにくいという発想ですね。

10分おきにブロック状に固まってまとめられた取引内容がチェーンのように繋がっているため、一連の取引状態がわかり、どこかで不正があると取引の流れがおかしいことがわかります。また、一人が監視しているわけではなく、公開されているため不正したことがすぐにバレてしまいます。

ブロックチェーンが安全な取引を担保していると言われるのはこのためです。

ブロックチェーンは技術応用によって仮想通貨分野以外にも使える

ブロックチェーンは仮想通貨であるビットコインを支える技術として生まれましたが、株式や証券分野でもが期待されています。

例えば、株式の配当の支払いを自動化できたり、証券取引の決済にかかる時間を短縮できるとされています。

また金融以外の分野でもブロックチェーンの技術は応用できます。

ブロックチェーンの一連の流れがすべて自動的に把握できるしくみを利用し、例えばダイヤモンドの発掘から消費者の手に渡るまでの流れがわかることで取引履歴がわかり認定書も正確なものになります。

カーシェアリングなどでブロックチェーンの技術を導入すれば、管理者を置くことなくサービスを利用することができるようになります。

まだどれも研究段階の話ですがブロックチェーンによって様々なサービスが向上するが期待されています。

要するに、間に人が入らないので手数料が安くなったり時間が短くなるということです。

コメントを残す