仮想通貨とクレジットカードポイントの違いを解説



仮想通貨とクレジットカードのポイント。どちらもお店で買い物するときに使うことができます。どちらも目に見えないけれども物やサービスが受けられるため違いがよくわからないと思います。

仮想通貨とクレジットカードの違いについて簡単に解説します。

仮想通貨 クレジットカード
管理者 いない いる
円との交換価値 定まっていない 定まっている

仮想通貨はネット上の数字にお金の価値を持たせたもの

よく仮想通貨とはインターネット上にあるデータ化したお金と言われます。

単なる数字にお金のような価値を持たせているだけで形もなくまた管理している人もいません。どういうことかというと、

日本円は日本国と日本銀行によって発行・管理されています。しかし、

ビットコインを含めた仮想通貨の基本は国や中央銀行などのような中央管理組織が存在しません。

仮想通貨を作った人がいるのでは?と思われるかもしれませんが、仮想通貨を作っている人達は存在しますが管理までは行っていません

仮想通貨は通貨のやり取りが誰でも見れるようになっているため相互監視によって不正取引が防止されています。

「みんなが見れる状態なら悪いことできないよね?」という逆転の発想で成り立っています。

つまり、仮想通貨は一人一人が自己責任によって管理しており国や銀行などバックにいる親玉の存在がいないのです。

クレジットカードポイントは管理されている金銭的価値があるもの

クレジットカードを利用することで貯まるポイントは誰が発行・管理しているのか?というと国でも銀行でもなく、カード会社です。

楽天カード利用によって貯まる楽天スーパーポイントは楽天グループが管理・発行しています。JCBカードではOki DokiポイントならJCBなどオリジナルのポイントプログラムを採用しています。

クレジットカードで貯まる各社オリジナルのポイントは他社のポイントと交換することもできますが、必ず管理されています。

そして1ポイント1円など円との交換価値が定まっています。

仮想通貨とクレジットカードポイントは似ているが全く違うもの

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれていますが、厳密にいうと「通貨」ではありません。

国の法律によって定められているお金ではないためで、100円玉や1万円札のように日本国によってお金として定められているお金は法定通貨と呼ばれます。

ただ、仮想通貨も法定通貨のように「お金と同じ役割」を持っているため価値が変動します。

え?100円は100円でしょ?と思うかもしれませんが、日本円としての価値は毎日変動しています。米ドルなど外国のお金と比較するとわかりやすいですね。

例えば毎日ニュースの終わりにこんな映像を見たことがあると思います。

これは米ドルと日本円を比較したときに1ドル何円の価値があるかを表しています。

一方、クレジットカードポイントは1ポイント1円などお金の代わりとしてお店で使えますが、お金ではありません。カード会社によって価値も使い方もすべて管理されています。

まとめ

仮想通貨 クレジットカード
管理者 いない いる
円との交換価値 定まっていない 定まっている

仮想通貨はその名の通り“通貨”なのでクレジットカードポイントよりも出来ることが多いんですね。

例えばクレジットカードポイントは人にあげることはできませんが、仮想通貨は送金OKです。

仮想通貨は日本円と交換することはできますが、クレジットカードポイントはできません。

このようにそもそもお金とポイントでは出来ることが全く違うため仮想通貨とクレジットカードポイントを同一に語れないということです。

コメントを残す