仮想通貨が危険!やめとけ!もう遅いと言われるある理由とは?



ワイドショーやニュース、Yahoo!ニュースなどネットメディア等々、仮想通貨取引所コインチェックによる仮想通貨NEM流出事件以降、仮想通貨の危険性が大きく取り上げられいます。

その中で、「もう仮想通貨は危険だ!やめとくべき!もう遅い!」など否定的な意見があります。

なぜそのように言われてしまうのでしょうか?それにはある理由があります。

仮想通貨投機は先が読めなくギャンブル性が高いから儲からない

仮想通貨は本来、世界共通の通貨を作ろう!という発想から始まっており私たちが使っている日本円のようなものを目指しています。

日本円は法定通貨(ほうていつうか)といって国が法律で認めている通貨であるため、日本円が紙切れ同然になってしまう可能性は極めて低いです。

一方、仮想通貨は国や中央銀行など管理組織が存在しないため保障してくれる機関がありません。

そのような意味では仮想通貨は信用がないといえます。

そして、今仮想通貨が話題になっているのは仮想通貨本来の価値に対してではなく、仮想通貨の値段の上がり下がりを利用して儲ける「投機(とうき)」目的によるものです。

別名、「仮想通貨投資(かそうつうかとうし)」なんて言います。

仮想通貨の値段が上がったり下がったりするのを予測するのは非常に難しく仮想通貨投機は一種のギャンブルです。

つまり、競馬やパチンコで儲かったり損をしたりするのと同じレベルのものなのですが、仮想通貨は1着~3着の馬の順位を当てるわけでもなく出玉の量で儲けがきまるわけではありません。

なぜ仮想通貨で儲けられるのか?というと

仮想通貨で儲かるしくみは安く買って高く売る⇒差額が儲けになる

仮想通貨を使って儲ける方法にはいくつかあるのですが、最もポピュラーな方法は現時点で価値の安い仮想通貨を購入し、価値が上がったところで売る方法。

なぜ儲かるのか?イメージがわきにくいと思いますが、利益を得るしくみは転売ビジネスと同じで

例えば1万円で手に入れた嵐のコンサートチケットをヤフオクで30万円で販売したとき、どうしても行きたいファンは30万円出しても買うわけです。

売った人は29万円(30万ー1万)儲かります。

価値があまりないものでも欲しい人がいれば高くても売れるので儲かるということ。

最もポピュラーな仮想通貨で儲けるしくみもこれと同じです。

仮想通貨の価値が上がるタイミングで売れば儲かる

そう、安い仮想通貨を買ってその価値が上がったところで売れば儲けることができます。

ですが、そのタイミングがわかれば苦労しません!

実は投資や投機のプロであっても仮想通貨の値段の上がり下がりを予測することは困難です。

株やFXなどの場合、会社の業績や経済状況、政府・財界関係者の発言などによって変化を予測することはできるのですが、仮想通貨に関してはほぼ予測不可能です。

なぜかというと仮想通貨の値段が上がったり下がったりする理由が1つしかないからです。

それは仮想通貨を買いたい人が増えれば価値は上がり、売りたい人が増えれば価値が下がる単純な仕組みからです。

なんだ、簡単じゃないか!と思うかもしれませんが儲けるためには「いつ」買いたい人や売りたい人が増えるのかを予測する必要があります。

しかし、今回のコインチェックの仮想通貨流出騒動のように著しく仮想通貨の信用性が下がり、「危険だから早く売りたい人が増えるだろう」等わかりやすいケースは良いですが、人の気持ち次第で売ったり買ったりされるので細かい値段の変動を予測するのは困難なんです。

仮想通貨投機はもう儲からなくて危険なのか?

では、仮想通貨投機はもう儲からないのか?というとそんなことはありません。そして危険なのか?という疑問に対しては何を危険と捉えるか?によって変わります。

まず、仮想通貨投機が儲かるか?儲からないか?に関して言うと、誰もが聞いたことがある仮想通貨「ビットコイン」を今から買っても大きく儲けることは難しいです。

1ビットコインが百万円を割った今から1ビットコインが10倍の価値になる可能性は低いです。

ただ、お小遣い程度で1万円買って1千円程度儲けることは可能です。10万買えば1万円です。

「億り人(おくりびと)」と呼ばれている人達は1ビットコインが数万円の頃に購入し、1ビットコインが10倍以上になったため大きく儲けることができましたが、今からビットコインで同じことは出来ないでしょう。

そこで、かつてのビットコインのように現時点で価値の安い仮想通貨を購入し価値が上がったところで売る方法であれば儲けることができます。

ただし、完全なギャンブルです!価値が上がるかどうかは完全な予測なので外れたらお金をドブにすてるようなもんで、ほとんど宝くじのような感覚で買わないと身を亡ぼします。

つまり、「危険」と言われるのはまさにこのことで、価値が上がるか下がるか、または全く価値が無くなる可能性のあるものにお金を出せるか?ということです。

一攫千金!仮想通貨投機は夢を見られる

しかし、仮想通貨投機の旨味は1万円が10万円・50万円・100万円・1000万円に化けることがあること。

一般的な30代のサラリーマンなら月収手取り20~30万円でしょう。ボーナスがない人も多いと思います。

薄給の中で飲み代や交際費などを捻出していますよね。

最近は雑誌などのメディアでも「副業」を勧めていますが正直どれも難しい。マンション経営しませんか?なんて営業の電話も掛かってきますが胡散臭過ぎて切ってしまいます。

なので、儲かるかわからないけど儲かる可能性がある仮想通貨に投機をすれば一攫千金を狙えるかもしれません。

でも正直儲からないのが現実

しかし、仮想通貨投機はギャンブル性が高く安定して儲けるのは無理です。だからまだ仮想通貨投機に手を出していないあなたには絶対におススメしません。

仮想通貨で検索をすると「初心者だけど意外と簡単に儲かりました!」なんて解説しているサイトが多いですが、それはその人に運があっただけであなたが稼げる保障は一切ありません。

むしろ無理な人がほとんどです。

仮想通貨投機は再現性のある投機ではないので(そもそも全戦全勝の投資・投機はないのですが、、、)止めた方が良いです。

ただ、仮想通貨投機の面白いところは儲かる可能性が完全にゼロとは言い切れないことです。

突然ですが、宝くじの1等当選確率は落雷に打たれて死亡する確率よりも低いって知っていますか?

つまり宝くじ1等なんて当たらないのが普通、当たる方が異常なんです。

それでもみんな夏や年末にサマージャンボ宝くじや年末ジャンボ宝くじを並んでまで買いますよね?

同じように儲からないとわかっていても仮想通貨投機をする理由はまさにこれで、極めて大きく儲かる確率は低いけどお小遣い程度なら儲かる可能性もゼロではないこと。

万が一でも当たれば楽して儲けることができるからです。

仮想通貨投機は余剰資金でやるべき

当たるかどうかわからないものに全財産を投入する人はまずいないでしょう。

カイジのような一発逆転人生を狙っているような生活を送っている人でもない限り、全財産を投入してはいけません。

仮想通貨投機はギャンブル性が高いので必ず余剰資金でやりましょう。

宝くじに使う、競馬に使う、パチンコ・スロットに使う、キャバクラに使う、飲み代に使うなどお小遣いやへそくりなど生活費とは別の余剰資金を使ってください。

であれば、仮に仮想通貨の価値がガクンと下がってもショックは少なくて済みます。

最悪数万円擦っても悔しいですがまぁ立ち直れますし、そして何より大損をしない程度の余剰資金なら投機としてはリスクが低いからです。

不動産投資のために借金するなら小遣いで仮想通貨投機で儲けを狙う方が痛手は少ないですよね。

そう思って私も仮想通貨取引所に登録をして1万円投機してみました。

取り敢えず取引所に登録して1万入れてみた結果

全然儲からない。むしろ価値は下がりマイナスになりました。

私が購入した仮想通貨は超有名なビットコイン。ビットコイン=仮想通貨、仮想通貨=ビットコインと思わているほどメジャーな仮想通貨です。

仮想通貨投機を始めるためにはまずは仮想通貨取引所に登録をしなければなりません。

仮想通貨取引所とは仮想通貨の野菜や魚の市場みたいなところで仮想通貨の売り買いを仲介・管理してくれます。

仮想通貨取引所は大手の方が安心なのでビットフライヤーかコインチェックにしたのですが、私が登録して2日後くらいにあの流出騒動があったので実際に仮想通貨を買って投機をしているのはビットフライヤーです。

知らない人でもこのCMは見たことがあると思います。

私はビットフライヤーに登録し仮想通貨投機をスタートしました。ただ、言ったようにビットコインの価格は私が購入したときの1BTCは100万円程度でしたが現在は1BTC:80万円程度なので1万円買って現在の資産は7000円程度と赤字です。

しかし、仮想通貨は価値の変動が激しいのでまたいつか価値が上がって儲かるかもしれません。

競馬やパチンコで使うお金と同じ余剰資金なので、失うリスクも低くお遊び感覚でやっています。

仮想通貨投機のメリットは競馬やパチンコよりも楽しめる時間が長い

ギャンブル性の高い投機なので安定して儲けることは難しいのですが、競馬やパチンコなどのギャンブルと比べると楽しめる時間が圧倒的に長く、遊び感覚の投機としてなら十分だからです。

競馬はスタートからゴールまで長くて5分程度、パチンコ・パチスロもせいぜい遊んで丸1日ですよね。

ですが、仮想通貨投機は違います。一瞬で0円になるものではないので仕事の合間でもスマホで値動きをチェックでき、上がったり下がったりするのでワクワク感がたまりません。

昔、たまごっちっていう成長を楽しむオモチャがありましたけど感覚的には似ています。

短期的に0か10かの結果を求める真のギャンブラーには向いていませんが、儲かればラッキー的な考えを持つ慎重派・保守的なギャンブルに興味がある人には打ってつけの新感覚投機です。

低リスクで投機して儲かれば自由に使えるお小遣いが増えます。

労働とは別に1000円でも儲かればめちゃくちゃ嬉しいでしょ?

もしこの話を聞いて全く共感できないなら仮想通貨に手を出さないことをおすすしますが、興味がある人はぜひ仮想通貨取引所に登録だけしておいても良いでしょう。

⇒仮想通貨取引所ビットフライヤーに登録する

楽して儲けたい性格なら仮想通貨投機は向いている

現在、仮想通貨は本来の目的より単に「投機=お金儲け」の手段として扱われています。楽して儲けたい人が群がっている印象は否めません。

さらに仮想通貨流出問題などによってマイナスイメージが増してしまいました。

確かに投機目的について言えば、危険が伴います。リスクと言った方が良いですね。

なので余っているお金(余剰資金)で投機するのであれば全く問題ないです。しかし、生活費をつぎ込んだり借金をして一攫千金を狙うようなことはしてはいけません!

ギャンブル性の高い投機なので、しっかり線引きをしてお金を使いましょう。

仮想通貨市場は今後大きく成長することは間違いありませんが、稼げるかどうかは別です。

しかし何も行動しなければ0のまま、いつまで経っても貯金が勝手に増えることはありません。

宝くじと同じように当たればラッキー!儲かればラッキーと思える人は仮想通貨投機はおすすめなので私も登録しているメジャーな仮想通貨取引所ビットフライヤーを紹介します。登録は無料なので安心ですよ

⇒ビットフライヤーに無料登録して準備する

 


コメントを残す