仮想通貨が危険!やめとけ!もう遅いと言われるある理由とは?



ワイドショーやニュース、Yahoo!ニュースなどネットメディア等々、仮想通貨取引所コインチェックによる仮想通貨NEM流出事件によって大きく取り上げられその危険性が騒がれています。

その中で、「もう仮想通貨は危険だ!やめとくべき!もう遅い!」など否定的な意見があります。

なぜそのように言われてしまうのでしょうか?それにはある理由があります。

仮想通貨投機は先が読めなくギャンブル性が高いから

仮想通貨は本来、世界共通の通貨を作ろう!という発想から始まっており私たちが使っている日本円のようなものを目指しています。

日本円は法定通貨(ほうていつうか)といって国が法律で認めている通貨であるため、日本円が紙切れ同然になってしまう可能性は極めて低いです。一方、仮想通貨は国や中央銀行など管理組織が存在しないため保障してくれる機関がありません。

そのような意味では仮想通貨は信用がないといえます。

そして、今仮想通貨が話題になっているのは仮想通貨本来の価値に対してではなく、仮想通貨の値段の上がり下がりを利用して儲ける「投機(とうき)」目的によるものです。

仮想通貨の値段が上がったり下がったりするのを予測するのは非常に難しく仮想通貨投機は一種のギャンブルです。

なぜ仮想通貨の値段の上がり下がりは予測できないのか?

投資や投機のプロであっても仮想通貨の値段の上がり下がりを予測することは困難です。

株やFXなどの場合、会社の業績や経済状況、政府・財界関係者の発言などによって変化を予測することはできるのですが、仮想通貨に関してはほぼ予測不可能です。

なぜかというと仮想通貨の値段が上がったり下がったりする理由が1つしかないからです。

それは仮想通貨を買いたい人が増えれば価値は上がり、売りたい人が増えれば価値が下がる単純な仕組みからです。

なんだ、簡単じゃないか!と思うかもしれませんが儲けるためには「いつ」買いたい人や売りたい人が増えるのかを予測する必要があります。

しかし、今回のコインチェックの仮想通貨流出騒動のように著しく仮想通貨の信用性が下がり、「危険だから早く売りたい人が増えるだろう」等わかりやすいケースは良いですが、人の気持ち次第で売ったり買ったりされるので細かい値段の変動を予測するのは困難なんです。

仮想通貨投機はもう儲からなくて危険なのか?

では、仮想通貨投機はもう儲からないのか?というとそんなことはありません。そして危険なのか?という疑問に対しては何を危険と捉えるか?によって変わります。

まず、仮想通貨投機が儲かるか?儲からないか?に関して言うと、誰もが聞いたことがある仮想通貨「ビットコイン」を今から買っても大きく儲けることは難しいです。

1ビットコインが百万円を超えているので今から1ビットコインが10倍の価値になる可能性は低いです。

ただ、お小遣い程度で1万円買って1千円程度儲けることは可能です。10万買えば1万円です。

「億り人(おくりびと)」と呼ばれている人達は1ビットコインが数万円の頃に購入し、1ビットコインが10倍以上になったため大きく儲けることができましたが、今からビットコインで同じことは出来ないでしょう。

そこで、かつてのビットコインのように現時点で価値の安い仮想通貨を購入し価値が上がったところで売る方法であれば儲けることができます。

ただし、完全なギャンブルです!価値が上がるかどうかは完全な予測なので外れたらお金をドブにすてるようなもんで、ほとんど宝くじのような感覚で買わないと身を亡ぼします。

つまり、「危険」と言われるのはまさにこのことで、価値が上がるか下がるか、または全く価値が無くなる可能性のあるものにお金を出せるか?ということです。

まとめ

現在、仮想通貨は本来の目的より単に「投機=お金儲け」の手段として扱われています。楽して儲けたい人が群がっている印象は否めません。

さらに仮想通貨流出問題などによってマイナスイメージが増してしまいました。

確かに投機目的について言えば、危険が伴います。リスクと言った方が良いですね。

なので余っているお金(余剰資金)で投機するのであれば全く問題ないでしょう。しかし、生活費をつぎ込んだり借金をして一攫千金を狙うようなことはしてはいけません!

ギャンブル性の高い投機の1つであることは間違いないので、しっかり線引きをしてお金を使うことをおすすめします。

コメントを残す