仮想通貨ビットコインを使うときのメリットデメリット



現在、ビットコインを含めた仮想通貨を持っている人の多くは投機対象(とうきたいしょう)としてしか見ていません。

投機(とうき)をカンタンに説明すると“安く買って高く売ることで稼ぐ”ことです。

リンゴを10円で仕入れて1000円で売れば990円の儲けですよね。それと同様のことを仮想通貨でやっています。

しかし、仮想通貨の本来の使い方は日本円と同じように物を買ったりできることです。今回はビットコインを含めた仮想通貨本来の使い方のメリットデメリットを解説します。

仮想通貨ビットコインを使うメリット

  • 送金手数料が安い
  • 24時間365日取引が可能
  • キャッシュレスで会計がスムーズになる
  • 飲み会での割り勘会計など幹事が楽になる
  • 寄付金(クラウドファンディング・募金)がしやすい

送金手数料が安い

送金というとピンと来ないかもしれませんが、振込手数料と言うとわかりやすいかもしれません。

通常、私たちは誰かにお金を送金するとき現金書留を除くと銀行を介して口座に振り込んだりしますよね。

ただ海外送金をする場合、介在する業者が増える分、手数料も数千円と高くなります。

しかし、仮想通貨には銀行のような仲介業者が存在しないのでその分手数料が安くなります。

仮想通貨の肝である「中央管理組織がいない」というのが手数料が安くなるカラクリです。

24時間365日取引が可能

いまやコンビニATMでも24時間365日預金を引き出せたりしますが、振込に関しては時間に制約があります。

よくあるのが振込の手続は受け付けられたけど、実際に相手の口座に振り込まれる処理に関しては明日になるというケースです。

しかし、仮想通貨は銀行のような存在がなくても相手の口座に送金することが可能なので時間を気にすることなく即送金することができます。

キャッシュレスで会計がスムーズになる

今や現金を持たないキャッシュレス化が主流になりつつあります。例えばクレジットカードでお買い物が出来たり、SuicaやPASMOなどの電子マネーによって買い物ができたりするのもキャッシュレス化の1つです。

仮想通貨も同じように買い物をすることができます。

電子マネーと仮想通貨の違いがよく分からない!という疑問がありますが、出来ることは変わりません。ただ、電子マネーはSuicaならJR東日本などのように管理している組織が存在するのと、日本円をSuicaという電子マネーカードに入れているだけなので実際は日本円を使用しているのと同じです。

しかし仮想通貨は管理している組織がいないのと日本円とは別の“通貨”なので出来ることは同じでも根本的な仕組みが違うということです。

寄付金(クラウドファンディング・募金)がしやすい

クラウドファンディングとはインターネット上で募金を呼びかけ資金を集めて事業や企画を起こすことですが、これをドルや円と同じように仮想通貨でも出来ます。

送金手数料が安く24時間365日手続きが出来るので世界中に寄付金を送金することができます。

またあまり知られていないですが、海外に募金をしてもやはり仲介業者が絡むので本当に困っている人に届く金額が少なくなることがあります。

なので最低いくらからじゃないと募金できない等、不便なケースがあります。

しかし、仮想通貨は少額でもダイレクトに届けられるので募金がしやすいです。災害募金等での活用が期待されています。

飲み会での割り勘会計など幹事が楽になる

飲み会の幹事は面倒くさいです。集金の際1人3000円でも1万円出す人がいたり、お釣りがなくて幹事が少し自腹を切ったりなど煩わしいことが多々あります。

しかし、仮想通貨であれば幹事のスマホに仮想通貨を送るだけで送金完了です。

細かいお金を現場でやり取りすることもないため、とても便利な使い方です。

仮想通貨ビットコインを使うデメリット

  • 誤操作による送金取り消しが不可
  • ハッキングによる盗難の可能性
  • 取引所の閉鎖の可能性

誤操作による送金取り消しが不可

仮想通貨の取引を仲介しているのは仮想通貨取引所ですが、仮想通貨の仕組み上、誤って送金してしまっても取消手続きができません。

銀行などの金融機関であれば取消処理をしてもらえますが、仮想通貨においては自己責任の部分が極めて高いです。

ハッキングによる盗難の可能性

仮想通貨がインターネット上の通貨である以上、セキュリティ対策の不備・欠陥によって外部よりハッキングされる可能性は否定できません。

もちろん仮想通貨取引所では対策をしていますが、それ以外にも例えばあなたの仮想通貨を保管しているネット上の財布(ウォレット)のログインIDやパスワードがバレてしまったら勝手に送金されてしまうこともあります。

基本的にウォレットは仮想通貨取引所に預けていれば大丈夫ですが、自分で保管することもできるため盗難対策も自己責任になります。

取引所の閉鎖の可能性

メジャーな取引所であればまず問題ありません。しかし、仮想通貨そのものの価値が全くなくなってしまう可能性や取引所自体が倒産・閉鎖されてしまう可能性もなきにしもあらずです。

これは普通の会社が倒産してしまったらどーすんだ?というのと同様の話なのでこのレベルが心配になる人は仮想通貨投資はやらないことです。

取引所の閉鎖によって損害ダメージが大きいのは投資をやっている人です。仮想通貨は通貨としての役割もありますが、投機商品の側面もあるので投機・投資にリスクはつきものです。

まとめ

仮想通貨ビットコインを使うときのメリットデメリットについて解説しました。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ将来的にはドルや円などの法定通貨と並ぶ通貨として注目を浴びています。

ドルなどに取って代わるという人もいるくらいの画期的なものだと言われています。

まだまだ広く通貨として利用されていませんが、将来的には私たちに役立つものになる可能性が極めて高いのでイメージだけではなく、仮想通貨についてしっかりとした知識を身につけておきましょう。


コメントを残す