仮想通貨ビットコインで出来ることをわかりやすく解説



世の中の大半の人がまだ仮想通貨と聞いてもピンときていないと思います。

特にビットコインというワードは怪しいイメージの方が先行してしまっていることでしょう。

そこで、そもそも仮想通貨であるビットコインによって何ができるのか?なぜ話題になっているのか?を解説します。

ビットコインで出来ること
  • 投資(投機)
  • 買い物
  • 送金

投資(投機)

今、仮想通貨であるビットコインに人気が集まっている理由はこの投資(投機)目的によるためです。

ビットコインはネット上のデジタル通貨ですが、その名の通りお金はお金。価値が変動するので安く買って高く売ると儲けが出ます。

投資(投機)の原則は安く買って高く売ることです。株もFXも仮想通貨も価値が変動するものなので投資(投機)対象になるのです。

色々な投資(投機)商品の中でなぜ仮想通貨であるビットコインが儲かるのか?というと価値の変動幅が大きいからです。

変動幅が大きければ大きいほど儲かりますし、損をする人もいます。

買い物

仮想通貨の本来の存在意義は日本円などと同じように「通貨」として利用されることです。イメージとしてはポイントカードのポイントで物が買えるのと同じです。

ただ、ポイントカードは1ポイント1円などと値段が決まっていますが、仮想通貨は価値が変動するので必ずしもいつも同じ値段ではなくポイントとは性質が違います。

仮想通貨はデジタル通貨とも呼ばれネット上に存在する通貨です。10円玉、1000円札のような目に見える形の物質がないのでなぜ、そんなものに価値があるのか不思議に思うかもしれません。

ですが、多くの人が仮想通貨に“価値がある”と思えば価値は付いてしまうんです。

例えば「金(Gold)」は採掘量が少ない金属で歴史的に価値があるものだと信じられてきたから価値があります。もし、駐車場に敷き詰められている砂利が金(Gold)だらけであったら誰も価値あるものだと思いません。

仮想通貨が私たちが日々使っている日本円と同じように価値ある通貨だと認められているので、ビックカメラ等ではビットコインで商品を買うことができるのです。

送金

ビットコインを利用するメリットの1つに送金があります。現在日本円を特に海外に送金する際、銀行を通して海外へ送金することができますが手数料が数千円もかかります。両替手数料や為替手数料などです。

また金融機関の営業時間もあるので時間もかかります。

しかしビットコインを含めた仮想通貨は24時間365日、手数料も0円~なので利便性が高まります。

海外送金など利用する人は少ないと思うでしょうが、例えば留学している人に送金したり海外で買い物をしたいときわざわざ日本円を両替しなくても仮想通貨で買い物をすることができます。

ビットコインを含めた仮想通貨は一応世界共通なので(ロシアや中国など一部の国では取引規制されています)どれほど便利なものかがわかると思います。

まとめ

現在のビットコインをはじめとした仮想通貨バブルは主に売買による投資(投機)目的によるものです。そのため本来、仮想通貨は世界共通のお金という社会的にもっともっと大きな意味を持つものであることがまだまだ認知されていません。

仮想通貨はインターネットの普及と同じくらいの衝撃をもたらすものだと言われています。

買い物やサービスを受けるために使う通貨として今よりも認知される日もそう遠くありません。

ビットコインで出来ること
  • 投資(投機)
  • 買い物
  • 送金

コメントを残す